blog

いま、パーカッショニストのル カン 二ンさんがコンサートツアーでフランスから初来日しています。彼とは今春、パリのアーティストレジデンスでコラボレーションをしました。
http://nakajimahiroyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02
http://nakajimahiroyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-03-05
http://nakajimahiroyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-03-06
http://nakajimahiroyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-03-06-1
http://nakajimahiroyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-03-07
今回の日本ツアーは、ミシェル ドネダさん(ソプラノサックス)、齋藤徹さん(コントラバス)を加えたトリオを中心に開催されています。
http://travessia.petit.cc/
我々がよく耳にする音楽は、旋律と和音で構成されています。でも彼らの即興演奏では、音色が重要な意味を持っていることに気づきます。一般に西洋音楽における旋律や和音は、音相互の関係性を問題にします。一方、日本の伝統音楽では音そのものの質、つまり音色を重視します。そして音色の複雑な表現力を追求していくと、音は倍音を含んで雑音へと向かっていくことになります。
そして雑音の響きは、その場その時の環境に大きく左右されます。
彼らの演奏にはリズムがありません。「間」があるのです。リズムも「間」もふたつの音と音の間隔にかかわる問題ですが、そこには大きな違いがあります。リズムにおいては音と音の時間距離は一定で、等間隔を守ればこと足ります。しかし「間」の場合、間隔は絶えず変化します。直前の音のあと、次の音をいつ鳴らすかという瞬時の判断が演奏の効果に大きく左右します。
音色にしろ「間」にしろ、即興演奏でこそ本来の魅力が発揮されます。
ぜひライブに足を運んで、彼らの音色と「間」を感じ取ってみてください。
Le Quan Ninh ( percussions ) has come to Japan from France to hold a concert. I collaborated with him in performance in Royaumont in Paris this spring.
He is holding the tour now in Japan with Michel Doneda ( soprano sax ) and Tetsu Saito ( contrabass ).
Generally speaking, music is consisted of melody and chord. But in their concert, a tone itself seems more important for their musical performance. In melody and chord in Western music, relation between a note and another note is an important issue. On the other hand, a tone itself, quality of sound, means a lot in Japanese traditional music. In their concert, I enjoyed a tone that is harmonic overtone, noise and vibration.
There are not rhythm but “ ma ” in their music. Both rhythm and “ ma ” is a matter related to distance between a note and another note, but not the same. In case of “ ma ”, when should a player make a note after the previous one makes a special implication in his music.
I am sure you can appreciate both “tone” and “ ma ” in their concert.
Please come and bring your friends along !
111008_3.jpg
111008_1.jpg
111008_2.jpg
111008_4.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


16日からカリグラフィーの展覧会がはじまりました。
ドイツ、フランスからのカリグラファー9人に私を加えた10人の展覧会です。
テーマは、” Script in stone and on paper ”
— Compositions with Chisel, Feather and Brushes —
ドイツとフランスのカリグラファー9人に私を加えた10人の展覧会です。
“石と紙に書いた文字”というテーマで、– のみと羽ペンと筆のコンポジション –というサブテーマがついています。
The exhibition has begun on September 16th in Siegburg Germany.
10 calligraphers from Germany and France, including me participated in the exhibition.
The theme is ” Script in stone and on paper “.
— Compositions with Chisel, Feather and Brushes —
110919.jpg
会場となった彫刻家 Markus Weisheit さんの工房です。
彼がこの展覧会を企画しました。
The exhibition is held on a studio of a sculptor, Markus Weisheit.
He organized the exhibition.
110919_1.jpg
110919_2.jpg
110919_3.jpg
110919_4.jpg
110919_5.jpg
110919_7.jpg
110919_6.jpg
漢字の「生」が書かれた Charly Witschnigg の作品。
Charly Witschnigg arranged oriental character “Live”.
110919_8.jpg
110919_9.jpg
オープニングのパフォーマンスで書いた『日/月』
“ Sun & Moon “
I did performance at the opening of the exhibition.
110919_10.jpg
110919_11.jpg
110919_12.jpg
Markus Weisheit さんと。
With a sculptor, Mr. Weisheit.
110919_13.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


110917_1.jpg
110917_2.jpg
110917_3.jpg
110917_4.jpg
110917_5.jpg
110917_6.jpg
110917_9.jpg
110917_10.jpg


今回は音楽とのコラボレーション。(尺八 矢野司空、十七弦 浦沢さつき)
30分のパフォーマンスのために、準備4時間、撤収2時間。
まるで花火か桜花のような気分です。
This is the performance in Siegburg Germany, collaborating with musician, Shiku Yano (Shakuhachi) and Satsuki Urasawa (Koto).
5 hours to prepare and 2 hours to dismantle for performance in 30 minutes.
It is like a firework or cherry blossoms, is not it?
110916_1.jpg
もうお客さん?
Guest has already come?
110916_2.jpg
いえ、彼はこの美術館のマスコットです。
No, he is a mascot of this museum.
110916_3.jpg
まずは尺八の即興演奏とのアンサンブルで。
Firstly I did an improvisation with Shakuhachi.
110916_4.jpg
ラストナンバー「蘭の月」で作品『日/月』も完成。
『月』の音符を五線紙にのせて。
In the lust number “orchid moon” I have finished my work “Sun & Moon”.
It looks like notes of the character “ moon ” on a score.
110916_5.jpg
110916_6.jpg
110916_7.jpg
110916_8.jpg
110916_9.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


日独交流150周年の記念行事でドイツに来ています。
北ドイツのリューネブルグで十三夜を迎えました。ここには戦禍を免れた中世の街並みが今も残されています。私がホームステイしたのはこの街に住む建築家の住まい。彼は当時の建物をそのまま活かしながら、内部を住宅やオフィスに改修する仕事をしています。写真は彼の自宅です。冬の寒さに備えて、厚い壁の内と外で窓を二重にし、内窓と外窓の間を飾り棚に活用しています。
110912_3.jpg
110912_1.jpg
110912_2.jpg
そして中秋の名月は、ドイツ中部のシークブルグで。樅の木越しに雲間から顔を出した満月です。15日にはこの街の市立美術館でパフォーマンスがあります。
110912_4.jpg
I am now in Germany to participate in the memorial event for the 150th anniversary of Japan-Germany exchanges.
Moon in the ninth month of the lunar calendar is meaningful for Japanese.
I saw the moon on the 13th night in an ancient city Lueneburg in north Germany.
The streets in the Middle Ages are left here after the war.
I stayed an architect’s house.
His work is to repair old buildings into houses, preserving the historical structure and beautiful outward.
As photo shows, he arranged a display shelf as a show window, using a space of a double-glazed window.
Then I watched the harvest moon ( the moon on the 15th night ) in Siegburg in the middle of Germany.
My performance is scheduled on Sep.15th at the city museum.
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


散らすまいと努める文化と、散ることを受け入れる文化。
「美よ、永遠なれ」と、朽ちない花を求めるのが欧米流です。
一方、花は散るから美しいと考えるのが日本人。
散るからこそ、心待ちにしていた一瞬の開花がいとおしい。
そこには、古びていく過程にも美を見出し、
いずれは朽ちるという無常を受容する価値観があります。
5月にミラノで開催した『Ri-VIVERE』展。
作品に使った新聞が変色してしまうのではと心配され、
退色を防ぐにはどうしたらいいかと考えていました。
でも世阿弥の『風姿花伝』を読むうちに見方が変わりました。
新聞は、新聞のままでいいのかもしれない。
私たち日本人にとって、3.11は忘れ得ぬ日です。
例え新聞が変色しても、それがあの日からの時の流れを示してくれるのだとしたら。
In the West, it is common to seek eternal beauty in flowers.
On the other hand we Japanese consider flowers are beautiful because they are fragile.
In long-awaited spring, we appreciate the cherry trees in full bloom in a short while.
And we find beauty even in process of the decay.
There is a sense of the evanescence that nothing is certain in our life.
In the exhibition“ Ri-VIVERE “ in Milan in May,
someone was afraid that newspaper might discolor in the future.
Then I have been thinking how to prevent discoloration.
But I have changed my idea in these days,
reading “ HushiKaden“ by Zeami.
The day March 11th is unforgettable for Japanese.
So I would not be afraid to accept discoloration
if it can show how long time has passed since the tragedy.
110831_1.jpg 110831_2.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


9月は、ドイツでパフォーマンスのツアーを予定しています。
今回は和楽器とのコラボレーションです。
先日、共演する矢野司空さん(尺八)、浦沢さつきさん(箏)のコンサートに行きました。
生演奏なので、其音に加えて倍音や雑音、振動までもよく感じ取れました。
尺八は竹に穴を空けたシンプルな楽器ですが、その音色は実に複雑微妙です。
まさに、ライブのための楽器です。
9月10日(土)
Autohaus S & K GmbH
August-Horch-Strasse 9 21337 Lueneburg
9月15日(木)
Siegburg Stadtmuseum
Markt 46 53721 Siegburg
9月16日(金)
Steinmetz Markus Weisheit
Alte Lohmarer Strasse 2 53721 Siegburg
I am glad to inform you about my performance in Germany in September.
In this performance I will collaborate with Japanese musicians.
I went to the concert of Shiku Yano (shakuhachi) and Satsuki Urasawa (koto) who will join with me in Germany.
Shakuhachi is made of a bamboo.
In a live concert I could recognize not only the keynote but also harmonic overtone, noise and vibration.
Shakuhachi is very simple instrument but the tone is rich and meaningful.
It is indeed an instrument for a live concert.
10.09.2011
Autohaus S & K GmbH
August-Horch-Strasse 9 21337 Lueneburg
15.09.2011
Siegburg Stadtmuseum
Markt 46 53721 Siegburg
16.09.2011
Steinmetz Markus Weisheit
Alte Lohmarer Strasse 2 53721 Siegburg
110823.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


酷暑と節電の夏。
はじめて扇子を持ち歩いています。
扇面にアレンジした作品。
四字熟語の出題ではありません。
物事は絶えず変化し、とどまることはないという意味を込めました。
でも、もし漢字の穴埋め問題だとしたら、そこには、
『諸行無常』?
『生々流転』?
新京清堂ページ
http://www.kyoseido.co.jp/iroiro/index.html
In this terrible heat, we Japanese endeavor to save electricity because of the nuclear power plant disaster.
So this is the first summer to carry a fan about with me.
My work arranged on the fan does not mean a fill-in-the blanks question.
I tried to express the idea that comes from Buddhism.
“Everything on the earth changes continuously. Nothing can remain the same.”
“All things being in flux through the endless circle of birth, death, and rebirth.”
If you fill in the four blanks with kanji characters,
“sho-gyo-mu-jou” or ”sei-sei-ru-ten”may be suitable.
110816.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


11.08.10 New Brushes

新しい筆が出来上がりました。
秋からのパフォーマンスに使います。
指の先から穂が生えたようです。
筆をとおして、身体の動きを紙に残す。
でもいざ筆を構えると、つい書法の筆運びが出てしまいます。
手技が過ぎると、線は小賢しく、あざとくなります。
体動の軌跡をストレートに現出させたい。
筆を道具と見なすと、どうしても線に手技があらわれます。
筆を身体の一部に、
自らを筆に。
東洋の舞踊は、指の動きにも特徴があります。
この筆で、体動のみならず『指動』の軌跡も残せたらと思っています。
My new brushes have been completed.
I will try them in next performance in autumn.
It looks as if a brush sprouts up from the tip of my fingers.
In performance, I convert the movement of my body into a line on paper through a brush.
I want to convert as it is, but skill of calligraphy sometimes appears in a line and make the line affected and unnatural.
As long as I regard a brush as a tool, it is inevitable that skill appears in the line.
I hope a brush would be a part of my body.
In other words, I wish I myself could become a brush.
Generally speaking, dance in the East has a unique characteristic in the movement of fingers.
So I hope to express not only the track of my body but also the track of my fingers by new brushes.
110810.jpg
中嶋宏行 http://www.sho-jp.com/
書の教室 http://www.nakajimahiroyuki.jp/school/


PAGE TOP